FC2ブログ

パイン天井

casa carina神町では開放的な吹き抜けがあります!吹き抜けの天井は勾配天井とし、仕上げ材にはパイン材を採用しました。木の温もりを感じられる空間になりました。構造材の梁は、エイジング加工をして木目を浮き出させています。茶系で着色した梁とパイン材の天井がとても良い雰囲気(^^)完成が待ち遠しいです!...

外壁工事

おはようございます☀佐藤です。casa carina神町では外壁の下地材を施工中です!casa carinaは外壁が全面漆喰となっています。様々な工法が有りますが、今回はオメガシステムという工法を採用しました。写真の壁に張られている白いボード材が漆喰に下地になります。このボードの特徴としては、ボード自体に18mmの通気層が形成されてあり、胴縁が不要です。また、非常に軽く建物に与える負荷を軽減し、揺れや変形に対する高い追従性...

地鎮祭

平成30年7月24日 大安 本日、 東根市神町地内にてM様邸の地鎮祭を行いました!天気も良く、地鎮祭日和でした☀ご家族でしっかり工事の安全を祈願しました。お客様にとってより良い住まいになるよう全力で気を引き締めて工事をさせていただきたいと思います!!...

木工事がどんどん進んでいます!

こんにちわ☀佐藤です。casa carina神町の現場では2階のフローリング張りが始まりました!斎藤大工さんが1枚1枚丁寧に張っています(^o^)2階床材はパインの無垢フローリングを採用しました。無垢フローリングは生きて呼吸している素材なので、夏の湿気が多い時期には膨張し、冬の乾燥した時期には収縮するという性質を持っています。合板フローリングにはそのような事が少ないですが、無垢フローリングの肌触りや温かみは合板フ...

casa carina 現場進捗状況

今日も暑いですが、現場では大工さんが頑張って作業をしています!外断熱の施工が終わり、内断熱の施工が行われています。弊社では内・外のW断熱を基本としています。断熱材とサッシは後から交換等をすることが難しいため、コストはかかりますが、出来るだけ良いものを採用したいですね。サッシは一部はペアガラスですが、主にトリプルガラスを取り入れました。2階の床には、コンビボードという木材繊維の絡み合った多孔質な材質...

気密測定

casa carina神町現場にて断熱工事を終えたので、施工精度のチェックも兼ねて気密測定を行いました!気密を測定するための機械です。この機械によって住宅全体の気密性能(C値/相当隙間面積)を測る事が出来ます。C値が小さい程、家の隙間が少ないという事になります。次世代省エネ基準では、山形県はC値=5.0c㎡/㎡以下となっていました。断熱性を生かすためにはC値=1.0c㎡/㎡以下程度の気密性能が必要だと言われています。カナ...