FC2ブログ

構造駆体

躯体検査に向けて!

東根市の現場では無事上棟し、躯体検査に向けて筋交の取り付け、金物の取り付けが行われています。

20200423115658534.jpeg
横架材の継ぎ手部分を金物でつなぎいでいます。

20200423115659c1c.jpeg
筋交を取り付け、

20200423115701c85.jpeg
金物で補強します。

20200423115704dc1.jpeg
柱の柱頭、柱脚も金物で補強していきます。
構造駆体の接合部は全て金物で補強されています。

躯体検査では第三者機関が図面通りに正しく躯体が施工されているか、
適切な金物を適切な位置に取り付けてあるか、
耐力壁などの釘の打ち付け間隔は適当か、
屋根やバルコニーなどの防水の処理はきちんとできているか、
など細かくチェックしていきます。この検査に合格しないと次の工程には進めません。

図面との整合性を何度もチェックし、躯体検査に望みたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント