FC2ブログ

基礎断熱

基礎断熱工事

こんにちわ。佐藤です。
東根市の現場では外断熱工事に続き、内部の基礎断熱工事が行われています。

20200509052157dc8.jpeg

外部の外断熱が張り終わり、

202005090524117f2.jpeg

柴崎大工さんが内部の基礎立ち上がり、土間外周部に断熱材を施工しています。

2020050905215898d.jpeg

外周の土間部には厚さ50mmの断熱材、基礎立ち上がり部には基礎外面50mm、内面に50mmの計100mmの
断熱材で基礎をサンドイッチしています。

202005090521530e8.jpeg

外部では瓦屋さんが屋根に下地を行いました。
上の写真の木材は瓦桟(かわらざん)と言います。
瓦桟には、瓦の重なりを等しく配分し、水の侵入を防ぐ役割が一つと、瓦がずり落ちないようにストップする2つの役割があります。両方の機能は、家屋を雨や風から守るために、必ず必要な役割です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント