FC2ブログ

エコな取り組み

充填断熱工事中

東根市の新築現場では外断熱工事が終わり、内部の充填断熱工事を行っています。

2020051314481945e.jpeg

大工さんがグラスウール断熱材を充填しているところです。

202005131448128d5.jpeg

壁、天井に隙間なく充填していきます。
弊社では外断熱+充填断熱のW断熱を標準仕様としています。

なぜこの工法をしているかというと、
吹き付け断熱なども多くなってきていますが、なぜ吹き付け断熱ではなく、
外断熱+グラスウール充填断熱を採用しているか。それは環境の事を考えての事です。

何十年後、何百年後の将来に家を解体する時が来るかもしれません。
その時、吹き付け断熱であれば柱や梁に付着してその木材は再利用できる事なく廃材になってしまうと思います。
しかし、外断熱、充填断熱であれば、手間はかかるかもしれませんが丁寧に取り外せば、木材、断熱材も再利用する事が出来るのではと考えています。少しでも家づくりにおいて環境の事を考えたエコな取り組みを行っていきたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント