FC2ブログ

躯体検査

山形市に新築中の現場ではJIOによる躯体検査が行われました。

20201010083030197.jpeg


20201010083026e57.jpeg

建物の内部・外部をしっかりチェックして頂きました。

20201010083042f3f.jpeg

筋交と柱を接合する金物です。

20201010083039c53.jpeg

横架材の継ぎ手部にも接合金物を取り付けます。

202010100830375fa.jpeg

完成してからは見ることがない小屋裏には雲筋かい(小屋裏の小屋束に斜めに打ち付ける筋かい)が
取り付けられています。雲筋かいを打ち付けることで小屋組の振れを防止します。

20201010083044707.jpeg

直行する横架材は羽子板という金物で緊結します。

20201010083031091.jpeg

柱の柱頭、柱脚には、N値計算(柱に生じる引抜力を計算)によって選定した金物を選定し取り付けます。
金物には種類があり、引抜力が強く生じる柱にはその力が生じても引抜に対抗出来る金物を取り付けます。
それぞれの柱に生じる力が違うため、柱によって金物の種類が変わってきます。

躯体検査はスムーズに合格することが出来ました。
こらから外部の外断熱材張りに進んでいきます。工事の進捗状況をUPしていきますので
是非見てください!
急に寒くなりましたので体調を崩さないように気をつけて下さい( ^_^)/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント