FC2ブログ

太陽光パネル取付

山形市の現場では太陽光パネルの取り付けを行いました。

太陽光パネルといえば屋根の上に架台を設置して架台の上にパネルを設置する屋根置き型が一般的です。
弊社でも屋根置き型はやっていますが、屋根一体型の太陽光をお勧めしています。
屋根一体型というのは、最初から太陽光パネルに屋根材が組み合わせてあり、太陽光パネルを取り付けると、同時に
屋根の役割をはたします。また架台が付かないため、太陽光パネルが取り付けてある違和感がなくデザイン性に優れ外観が良いです。

202010221556015c4.jpeg

設置前の写真です。切妻屋根に南面に取り付けていきます。

202010221556026bd.jpeg

はじめに墨出しを行い、パネルとパネルジョイント部の雨を受ける為の役物を取り付けていきます。

202010221555598bd.jpeg

次に軒先にスタートの役物を取り付けます。

20201022155558dcc.jpeg

スタートの役物を取り付けたらパネルを順番に取り付けます。パネル同士の配線を接続しながら進めていきます。
この際に配線がパネルに挟まったり、配線を間違えないように気をつけて並べていきます。

20201022155555fd7.jpeg

屋根に馴染むデザインがとてもかっこいいです!
取り付してる時に、太陽の光を受けて光るパネルがとてもきれいで見惚れてしましました(^^;)
発電が楽しみです‼︎太陽光に興味のある方はご相談ください( ˆoˆ )/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント